beautiful hair life
美容師がオススメするいい商品
ヘアカラー関係

あなたは大丈夫!?ジアミンアレルギーの症状とアレルギーやダメージを起こさないノンジアミンカラーとは!?

髪や頭皮の主治医美容師です。
 
美容室に行って髪の毛を染める方も多いと思いますが、ヘアカラーをしていて染みたりする、または痒くなったりした経験はありませんか?
 
ヘアカラーと一概に言っても髪の毛を染める薬剤は沢山あります。
 

  • アルカリカラー
  • ノンアルカリカラー
  • ヘアマニキュア
  • 香草カラー
  • ヘナカラー
  • 塩基性カラー
  • ポリサージュ
  • などなど髪の毛を染めることができる薬剤は豊富にありますが、それぞれに特徴があり、そのカラー剤だから出来ることだったり、出来ないこともあります。
     

    近年、ヘアカラーでジアミンアレルギーの反応が出る方が多くなってきています。

    ヘアカラーでお客様が思い浮かぶのはアルカリカラーではないかなと思います。
     
    黒い髪を明るくもでき、暗くもできる。
    さらに白髪も染めることも出来るので美容室で1番多くお客様に使用する機会が多いのもアルカリカラーになります。
     
    一度は髪を染めたことがある、黒髪を明るくしたことがある方は9割型このアルカリカラーで染めていると思います。
     
    アルカリカラーの染まる原理は薬剤が1剤と2剤に分かれていて、それを混ぜ合わせることで化学反応が起き、髪のメラニンを削って染料が髪の内部にとどまり発色する仕組みです。
     
    アルカリカラーの1剤には酸化染料、アルカリ剤、界面活性剤が含まれ、2剤には過酸化水素が含まれています。
     
    本来、洗剤などでは混ぜるな危険と表記してある、酸とアルカリを敢えてまぜて化学反応を起こしているのです。
     
    この1剤などに含まれる色のベースとなる染料でもあるジアミンやアルカリなどでアレルギー反応が出る可能性があります。
     
    特に近年は食生活や生活リズムが乱れている方も多く、慌ただしい日々の変化にストレスを抱えている方が増え、心と体のバランスが崩れてしまいアレルギーが出やすくなっています。
     

    ジアミンアレルギーの症状とは!?

     
    アレルギー反応の場合は1度発色するとずっとその症状が出る可能性があると言われていて、花粉症などもそれにあたりますがヘアカラーのジアミンなどに反応して出てしまったアレルギー症状としては痒かったりするのはもちろん、蕁麻疹がでたりカラー剤がついていない頭皮以外にも症状が出てしまいます。
     
    普段、アルカリカラーをしていて染みたり、少し痒いと感じたことがある方は気をつけた方がいいかもしれません。
     
    またもっとひどい場合はアナフィラキシーショックや気管支喘息などの症状が出てしまうこともあるそうです。
     
    カラー剤などを塗って痒くなったからといってもそれがアレルギー性皮膚炎一次刺激性接触皮膚炎かという違いもあります。
     
    どのような違いがあるかは表をご覧下さい。

    一次刺激性接触皮膚炎 このなかで急性刺激性皮膚炎に当たるのが
  • ヘアカラー(アルカリ剤)
  • パーマ(アルカリ剤)
  •  
    累積刺激性皮膚炎に当たるのが

  • シャンプー
  • トリートメント
  •  
    皮膚疲労性皮膚炎にあたるのが

  • 全ての薬剤
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • ヘアカラー(酸化染料)
  • パーマ
  •  

    このように分類されます。
     
    ヘアカラーをしてその時だけ痒かったり、その場所だけ痒いなどの症状であれば数日で治り、その時疲れてたから、睡眠不足だったからなどが原因で出た可能性があります。
     
    接触性皮膚炎の発症の違いは

    一次刺激性接触皮膚炎
  • 最初の接触で発症する
  •  

  • 一次反応
  •  

  • 接触したところのみ発症
  •  

  • 接触後、比較的早期に発症
  •  

  • 1〜数日で治癒
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • 感作された後に発症
  •  

  • 抗原抗体反応(免疫反応)
  •  

  • 接触したところ以外にも発症することがある
  •  

  • 1〜数週間で治癒
  •  

    ヘアカラーなどをして頭皮が痒くなったからといってアレルギー性接触皮膚炎とは限らないのでこの辺の症状の違いで判断いただけると良いかと思います。
     
    とはいえ、やはりアルカリカラーやパーマなど科学的な薬品を使う場合、どなたでもアレルギーの症状が出る可能性はあります。
    花粉症と同じように体内などに入りその方の許容量を超えた時に症状として現れ、一度でると同じ成分などが触れると被れたり痒くなったりしてしまうのです。
     
    人によって許容量が違うのでジアミンなどが体内にはいり、コップ一杯になったら症状が出てしまうイメージです。
     
    ヘアカラー(アルカリカラー)の回数が多い方ほど症状が出る可能性が上がります。
     
    もちろん、生涯アレルギー症状が出ない方もいるので個人差がありますね。
     
    また、アルカリカラーの2剤やストレートやパーマでも使うことのある過酸化水素も髪に残るとダメージの原因になったり、地肌に残ると老化の原因や白髪の原因になると言われていて、過酸化水素は洗浄力の強いシャンプーでは除去出来ないため酵素などを使用して除去しないといけません。
     
    美容室によってアルカリカラーをしてあとにアルカリを除去したり、過酸化水素を除去したりという工程をしているところとそうでないところがありますので、
     
    心配な方は担当の美容師さんにしっかり相談しましょう。
     

    お客様
    お客様
    痛むし、アレルギーの症状が出るならアルカリカラーはやらない方がいい?

     
    と心配になってしまいますが、アルカリカラーだから出来るデザイン、幅の広さがあるので使用するケースも多いのでしっかりその辺を気をつけている美容師さんにお任せするのがいいでしょう。
     
    アルカリカラーでもダメージに合わせてアルカリの量をグッと減らすこともできます。
     
    またカラーの塗り方や先に書いた過酸化水素の除去などリスクを知った上で極力そのリスクを減らしながらデザインを提案してくれる美容室や美容師さんがいいですね。
     
    長くなりましたが次からジアミン、過酸化水素不使用で染めるノンジアミンカラーについて書いて行きます。
     

    アレルギーの原因になるジアミンやアルカリ、過酸化水素を使用しないノンジアミンカラーとは!?


     
    ノンジアミンのヘアカラーは一つだけではありません。
     

  • ヘアマニキュア
  • ポリサージュ
  • ノンジアミンヘナカラー
  • ザクロペインター
  • などがあります。
     
    今ご紹介したカラーはアルカリ、ジアミン、過酸化水素を使用しないので黒髪を明るくすることは出来ません。
     
    白髪染めの方は染める頻度が多い傾向にあります。
    髪の毛は1カ月で平均して1cm〜は伸びると言われているので2週間も経てば5mm、どんなにキレイに染めてもやはり気になりますよね。
    分け目があるスタイルだと同じ期間でももっと気になるということになります。
     
    やはりお客様でも
     

    お客様
    お客様
    2週間で気になってくる。

    という方も多いです。
     
    頻度に染めるカラーがアルカリカラーであればやはり頭皮への負担がかかりしっかり処理しないと髪もどんどん痛んでいきますし、頭皮への負担もかかります。
     
    また、前に書いたようにアレルギーがなくても、もしかしたらアレルギー症状が出る可能性がどなたにもあります。
     
    そこで

  • 白髪染めの繰り返しでダメージが気になる
  •  

  • 髪のハリコシがなくなってきた
  •  

  • 髪が細くなってきた
  •  

  • ジアミンアレルギーでアルカリカラーが出来ない
  • というお悩みの方に今回メインでご紹介するのはノンダメージ、ノンアルカリ、ノン過酸化水素、ノンジアミンのヘナカラーで染めるという方法です。
     

    ノンジアミンヘナカラーで染めるメリットとは!?

  • 髪にハリコシが出る
  •  

  • 髪を傷めず白髪染め、もしくは明るい髪の色のトーンダウンが出来る
  •  

  • 頭皮の育毛効果がある
  •  
    ノンジアミンのヘナであればジアミンアレルギーがある方でも染められる

    などがあげられます。
     
    頻繁に白髪染めをする方ほど髪質が良くなり、髪が細くて柔らかい方であればハリコシが出るのも実感出来るかと思います。
     

    ノンジアミンヘナカラーのデメリット


     

    お客様
    お客様
    髪が痛まないし育毛効果もあるなら毎回、ヘナカラーで染めればいいんだ。

     
    と思いますが、やはりヘナで出来ないこともあります。

  • アルカリカラーのように黒い髪を明るくすることが出来ない
  •  

  • 色の種類が限られる
  •  

  • 染まるまでの時間がかかる
  •  

  • 髪がもともと硬い方やしっかりしている方はバサバサ感じることがある。
  • などが挙げられます。
     
    ここにあげたデメリットはあくまでノンジアミンのヘナカラーのケースです。
    巷にはヘナカラーとうたっていますが、このようなデメリットを解消するためにジアミンを入れたヘナもありますのでジアミンアレルギーがある方は必ずノンジアミンのヘナでないと症状がでる可能性がありますのでご注意ください。
     

    ヘナカラーが染まる仕組みとは!?


    ヘナの主成分にローソニア•アルバ(赤色酸性酵素)タンニン酸が含まれています。
     
    ローソニア.アルバはタンパク質との優れた結合力を持っているため、毛髪のケラチン(タンパク質)に結合します。
     
    これが染まる仕組みでケラチンタンパクに結合するということは続けるごとにどんどん重なるので髪にハリコシがでてきますし、細い方であれば髪が太くなった感じる方もいます。
     
    ヘナは葉っぱですが、そのヘナには染まらない部分も含まれています。
    例えばコストを下げるために小枝、葉全体を細かくしたヘナ

    これだと染まる赤色酵素は25〜30%
     
    小枝はなしにして葉っぱ全体を細かくしたもの

    これでも染まる赤色酵素は55%
     
    のようです。
     
    1番染まる赤色酵素が多く、タンニン成分を多く含むのは葉肉なのでそこのみを摂取したものが染まりも良くヘナとしての効果が高いと言われています。

    一概にヘナといっても葉っぱのどの部分を抽出して作ったかで染まりや効果、値段などが変わってきます。
    また、ヘナは温度や季節などによっても効果が変わってくるとも言われているのでノンジアミンのヘナカラーをしたい場合、いいヘナを使用しているサロンさんで染めるのがベストです。
     
    注意しなければいけないのがヘナカラーを取り扱ってるからといって全てノンジアミンではありません。
     
    ノンジアミンのヘナカラーなのに通常のアルカリカラーと染まる時間が変わらない場合はジアミンが含まれている可能性があります。
     

    最後に

    今日のまとめ
  • アルカリカラーを続けているとジアミンアレルギーになる可能性がどなたでもある
  •  

  • アレルギー症状を起こす、ジアミンによってジアミンアレルギーになってしまうと、ジアミンが入った薬剤を使用するとずっと症状が出る可能性がある。
  •  

  • ノンジアミン、ノン過酸化水素、ノンアルカリで染める方法はいくつかある
  •  

  • ノンジアミンのヘナカラーはジアミンが入っているヘナもあるためしっかり美容師さんに相談する。
  • 今後も続けて行かなければいけないヘアカラーをなるべく負担は少なく長くキレイを保つにはやはり信頼出来る美容師さんを見つけて少しでも染めていて違和感があった場合は美容師さんに相談しましょう。
     
    沢山のお客様の髪や頭皮を見てきた美容師さんなら適切なアドバイスをくれると思います。
     
    それではいいヘアライフをお過ごしください。

    ABOUT ME
    犬好き美容師ブロガー
    犬好き美容師ブロガー
    小さな美容室を経営しています。 豊富な髪の知識で日々お客様の髪の綺麗を提供している傍、お客様の為になることや美容の情報をお届けする犬好きブロガーです。